memento naka mori

インターネットやそこに流れる情報の古今東西考察。あと閉塞感打開用雑記。

『自分以外は作り物』という妄想はネットの一部ではあながち間違ってないかも

『世の中、自分以外はすべて作り物ではないか』という妄想。方向性の差異はあったとしても(たとえば『トゥルーマン・ショー』的なものとか)思春期の人間なら一度は考えたことのある妄想だと思う。
なら、既に生まれた時からインターネットが存在していた今の思春期の若者(中高生くらい)であるなら、『インターネットでは、自分以外は全部作り物もの』という妄想をしたことのある人間もいるのだろうか。とりわけ、リアルでの友人知人ではなくネット上だけで交流のある人間の集まりや、匿名掲示板などの匿名コンテンツである場合。

ただ、今のネットを振り返ると、全部が全部妄想とも言えないような気もする。

 

続きを読む

自分をへりくだる意味での発言が同じ立場の人間への問題発言と認識される展開

インタビュー記事や講演会などにおいて、有名人が誰か、もしくはどこかのクラスタに対しての差別的発言をしたということで問題になることがある。ネットで昔から有名なのは、「倖田來未の羊水腐る」発言など。

続きを読む

最近の更新情報&ゲームレジェンド26参加

最近の他ブログで自分が書いたもの。

gmdisc.com

同じテーマだったけど長かったので分けたら4つにもなってしまったという。

 

あと、明日5月14日のゲームレジェンド26に参加します。新刊ナムコサントラ本PART2。

gmdisc.com

U-22b 『中杜D報告書』なので、来られる方は宜しくお願いします。

 

メルカリの現金化販売の発想は「頭がいい」わけではない

前回書いたように、メルカリもヤフオクもやはり次の日には規制が入った。

blog000.net

しかし今度はチャージしたSuicaやパチンコの景品など、それに代わるものが出品されているので話題になっている。次は何が来るか的に。

現金出品規制のメルカリに「高額チャージSuica」の出品多数 JR側の回答は (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

これを見て、「頭がいい」とか「よく思いつくな」という感想も見る。だけどこの感想に対してそうは思わない。だってこういうものは基本的に、先に思いつく人間がいても、単にリスクが大きくてやらなかっただけなので。

続きを読む

テレビ芸能の衰退と早期退職的芸能人の引退

堀北真希が2月をもって芸能界を引退したことがニュースになっている。

natalie.mu

振り返って見ると、ここ数年「芸能人の引退」というニュースを見ることが全く珍しいことではなくなった。それも全くテレビや映画などへの出演がなくなった末や病気などではなく(それなら昔からあったわけで)、それなりに需要があるのにもかかわらず、突然引退するというケースが増えているように感じる。ここ最近だけでも、江角マキコ、成宮寛貴、清水富美加など、それなりに知名度のある人が引退を表明している。

これらには特殊な事情が絡むケースも多いが、それでも一昔前ならそれだけで引退ということはなく、何かしらで残り続けるか、一瞬休んでも復帰というパターンが多かった。しかし現在では、復帰を前提としない(と思われる)ケースが多い。

 

続きを読む

「話がわかる」で検索するとトップに出てくるアレ

「話がわかる」という単語、今だと普通に目にすればいかにもビジネス書の理想の上司論ででもありそうな単語。いわば『話の分かる上司になるための101の方法』『話のわかる上司になる方法教えます』などなど

しかしこれで検索すると、『タクティクスオウガ』のプレイした人間にとってはある意味ゲーム内でも屈指の有名なシーンであるアレ関連がトップに出てくるGoogle。

話がわかる - Google 検索

dic.pixiv.net

と思ったらBINGもそうだった。

話がわかる - Bing

続きを読む