memento naka mori

閉塞感打開用雑記。

年賀状を減少させているのって若者じゃなくて高齢者じゃないかな

もうさすがに年賀状も一段落ついた時期だろうが、こんなニュースがあった。

www.yomiuri.co.jp

もう毎年恒例の年賀状の減少ニュース。

それを受けてCMで「嵐」を起用するなど若者に対してアピールしているが、歯止めがかからない、というもの。

ただ、このデータの上で年賀状の減少を加速しているのは若者ではなく、高齢者ではないかと思う。

続きを読む

ソシャゲから離れた理由はプレイ時間の拘束性

2008年くらいからそこそこのソシャゲをやってきた。ただ、深くというよりは、広く浅く(そこまで広くもないが)。ガラケー時代はほとんどのゲームは1,2回触る程度だったが、時代がアプリに移りガラケー時代にはなかったような音楽がアプリに盛り込まれてくると、ゲーム音楽好きというのもあり、そこそこやるようになった。まあたいていは無課金で、希に低課金をするという程度だったのだが。そんな感じで、ある程度のものを数回プレイで、そのうちいくつかを継続的無課金、たまに低課金でやるという感じだった。基本ガチャとかはやらない感じで、時折大安売りがあった場合で且つ金があったら、というところ。

しかし、去年の秋以降、ソーシャルゲームと呼ばれるもののプレイが激減した。退会したり完全に手放したりしたわけじゃないが、毎日ログインはしなくなり、気が向いた時にだけプレイするというスタイルになった。多くのソシャゲではログインボーナスとして、1日に1回ログインすると何かしらもらえるが、それもしなくなった。

続きを読む

所有ブログ再構築方針

ブログを思いつきで増やしていると、それぞれの更新量が薄くなるという問題をもう7年くらい抱えているので時々整理しているが、今年もこれから書きたいことと書ける範囲のバランスを考えて整理を行いたいと思っている。

 

とりあえず今考えているのは以下のような感じ。

ゲームミュージックなブログ:気づいたら12年目。ゲーム系として維持。

Timesteps:とりあえず維持。だが、ライブドアブログがどうなるかが一番の不安点。なんか去年のDeNAとかDMMはちまとかの流れを見るに、どうも何か起きるかもという感じがして。実際一時期燻ったNAVERまとめの問題が現在進行形中だし。

空気を読まずにマンガを読む:マンガブログとして継続。ただどっかのブログにくっつけちゃってもいいかなあとも思う気持ちもあり。ただ消してもドメインもったいないし。

訂正information:継続。でも基本デマが起きた時の更新なので、ここの更新の量は少ない方が平和。あとここにネットリテラシーの初心者講座とかの書き物でも作りたいなあとは思うが、いつになることやら。

Nakamori Report:技術系が多かったけど、あまりにも放置しすぎている上に、書いたものも大半が古くなってしまい実情と合わなくなったので一度全消し。復帰する時は自分の創作したもの系(同人とか)のサイトとかになりそう。

空気を読まない中杜カズサ:これが一番の問題。はてなブログでの行き詰まりを解消するためにWordpressに移転したけど、たいして変わりない(ちなみに自分の場合はアクセス数も別に減っておらず、変わりない。増えてもいないけど)。まあこのままやや形式張った書き方のものはこっちで続ける予定だけど、昨今よく問題になっているネットセキュリティ方面(広い意味で詐欺とか悪徳商法に対するものも含む)にやや重点を置こうかと考慮中。

・はてなブログ:こことインターネット傍観録というのを新しく作った。どれだけ続けるかは未定。今の予定では、既存ブログで書けなくなってる砕けたものや短文でも投稿しようかと。なんか最近はてなブログで流行っているように見えるブログ収入とかからは縁遠くやってゆきたい。

・その他:あといろいろあるけどとりあえず場所だけ確保という意味合いが強くて記事数が満ちてないのでなんともいえない。いきなり消える可能性もある。現状場所だけキープしてあるのは、ゲームミュージックなブログのサブ、Timestepsのデータベースページ兼サブ(ライブドアブログが何か起こった時用の緊急避難先でもあり)、あといくつか。noteは微妙なのでこれから考える。Mediumは全く未定。

 

そんな感じ。

目標などない始点

元来、ブログとはもっと自由な場であったはずだ。

 

PVとか、読者登録数とか、SEO対策のテーマとかキーワードとか関係なく、自由にものを書くための場所であったはずだ。だけど、近頃のブログ界隈はそれらを目的とするために、「かくあるべし」という「定型」に飲み込まれていってしまっている気がする。

それははてなブログも同様で、かつて「アフィリエイトには向いていない」と言われたはてなダイアリーとは別の文化圏になってしまっている印象が強い。

それら全てを悪いとは言わない(どうやってもアレなのはあるが。コンサルとかサロン周りは特に)。しかし、だからといってそれらを絶対的な価値観としては、その自由であったはずのブログにどうしても「壁」が出来てしまう。

 

それは自分の中、そして書いているブログでも同様で、本来自由に書いているつもりだった「空気を読まない中杜カズサ」でさえ、全くそこから自由になれているか、というと、少なからず囚われていることは否定できない。以前ならジャンルを問わずに何でも書いていただろうけど、過去に書いたもののパターンから逸脱したものを書くには、それなりの抵抗が生じるようになってしまった。

 

ただ、これらをブログ界隈など周りのせいにする、というのは違うだろう。周りがどうあれど自分で書きたいことを書きたいように書けばいのだから。要は自分がそのようなものに囚われなければいいだけなのだから。

 

そのようなこともあって、またブログを始める。そしてあえてはてなブログで。ブログもいい加減増やしすぎてもう作るのはやめようと思っていたけど、もともと何を目的とするわけでもないブログだし、こういう場もあってよいと思い、作ることとする。

 

たぶんはてなブログを読む人の期待に沿えることはほとんどないだろう。多くの人に読んで欲しくて、それにあわせるものなら、他のブログに書くだろうから。

そしていつまでやるかもわからない。数日後に閉鎖するかもしれないし、他のブログでよくあるように放置状態になるかもしれない(まあここに至っては放置にするくらいならいきなり消すが)。

よってデザインもほとんどディフォルトのまま。これは気が向いたらするかもしれないけど。

あと、文体もいきなりですます文体に戻るかもしれない。

 

そんな感じ。