読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memento naka mori

閉塞感打開用雑記。

定期的にAmazonプライムがすごいとかいうブログ記事をよく見る理由

はてなブログあたりで「Amazonプライムがすごい」とか「便利」とか「感動した」的な記事が多くなってきてて、それがはてブで上がってくることがたまにある。そして昨年にも一気にあちこちのブログが書いたことがあり、なんで今、と思ったらまあ同時期にこういうことがあったと。 

 

Amazon アソシエイト(アフィリエイト) 

10月中紹介料上乗せキャンペーンしてて、「お客様1人の登録につき3000円」になってるし。

affiliate-blog.amazon.co.jp

 

まあそんな感じ。

 

 

プライムは利用価値がある人にとって悪いものじゃないし(自分も会員でプライムミュージックよく使ってるし)、それのアソシエイトを貼るのもいいと思う。ただこの手のアフィリエイトにおいて、そういう存在のことを隠してさも今まで知らなかったような文章で「(今はじめて)使ってみたけど、感動した! すごい!」とか書かれていると微妙な気持ちにはなる。全く触れてないのに、さもいっぱい使ったように書くのは論外だが。

 

ま、この手のはAmazonに限ったことじゃないけども。むしろAmazonはパッケージゲーム、DVDやCD,フィギュアの利率が下がったのもあり、それらはそういう無理なプッシュ減った感じだなと(一時期のまとめサイトとかフィギュアの画像で埋め尽くされてたけど、下がったら一斉にそれがなくなったな)。

今だと健康、医療系かな。昨年末に騒ぎになったDeNAのWelq問題だって、根本はあの手の医療健康系のアフィリエイトの利益率が高いってのがあると思うし。あとソシャゲ。

 

ま、でも本当に宣伝して人に広めていいものか見極めないと、リスクは紹介した自分に跳ね返ってくる可能性も考慮しておいたほうがいいかもなと。とりわけ医療健康など身体に関するものは。あと人生に関するものとかも。

blog000.net

 

Welq問題、そしてペニオク問題の再来は出てくるかこないか。