読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memento naka mori

閉塞感打開用雑記。

目標などない始点

元来、ブログとはもっと自由な場であったはずだ。

 

PVとか、読者登録数とか、SEO対策のテーマとかキーワードとか関係なく、自由にものを書くための場所であったはずだ。だけど、近頃のブログ界隈はそれらを目的とするために、「かくあるべし」という「定型」に飲み込まれていってしまっている気がする。

それははてなブログも同様で、かつて「アフィリエイトには向いていない」と言われたはてなダイアリーとは別の文化圏になってしまっている印象が強い。

それら全てを悪いとは言わない(どうやってもアレなのはあるが。コンサルとかサロン周りは特に)。しかし、だからといってそれらを絶対的な価値観としては、その自由であったはずのブログにどうしても「壁」が出来てしまう。

 

それは自分の中、そして書いているブログでも同様で、本来自由に書いているつもりだった「空気を読まない中杜カズサ」でさえ、全くそこから自由になれているか、というと、少なからず囚われていることは否定できない。以前ならジャンルを問わずに何でも書いていただろうけど、過去に書いたもののパターンから逸脱したものを書くには、それなりの抵抗が生じるようになってしまった。

 

ただ、これらをブログ界隈など周りのせいにする、というのは違うだろう。周りがどうあれど自分で書きたいことを書きたいように書けばいのだから。要は自分がそのようなものに囚われなければいいだけなのだから。

 

そのようなこともあって、またブログを始める。そしてあえてはてなブログで。ブログもいい加減増やしすぎてもう作るのはやめようと思っていたけど、もともと何を目的とするわけでもないブログだし、こういう場もあってよいと思い、作ることとする。

 

たぶんはてなブログを読む人の期待に沿えることはほとんどないだろう。多くの人に読んで欲しくて、それにあわせるものなら、他のブログに書くだろうから。

そしていつまでやるかもわからない。数日後に閉鎖するかもしれないし、他のブログでよくあるように放置状態になるかもしれない(まあここに至っては放置にするくらいならいきなり消すが)。

よってデザインもほとんどディフォルトのまま。これは気が向いたらするかもしれないけど。

あと、文体もいきなりですます文体に戻るかもしれない。

 

そんな感じ。